2013年06月05日

世にも奇妙な話

「飯田先生が 来るってぇー」三人ほぼ同時に飛び上がりました。

(飯田史彦氏「生きがいの創造」などの著者。大学で経済学の教鞭をとる中で 人生の
大転換を迎え 科学的スピリチュアル人生論を構築していき 人々に愛や人生の意味
等を 説いていく。亡くなった人々の魂との交信により この世に生きている家族にメッセージ
を 伝えたりしてきた人)

飯田氏の事は もちろん娘たちは知る由も ありません。
それなのに 当然叫んだのです。

明日来る。そう言われ どうしよう・・・。と 本気で慌てました。
---私が 友達に 会わせたいと思っていたのだから ちゃんと準備しなくちゃ。---

もちろん あまりにもおかしい話です。根拠も なにもない事が起こったのですから・・・。

---うちに泊まってもらおう。---   ---いや 2階は洗濯物がたくさん干してあるし・・---

私は着替えると 「ちょっと出かけてくる。」そう言って 車に乗り込みました。

ホテルを取ろうと思ったのです。近くのホテルに着くと たくさんの人がロビーにいました。
ある野球のチームが 宮崎を訪れていて そのファンの人達が 部屋を借りるところでした。
聞くと満室です・・と返事が返ってきました。

外はだんだん暗くなっていきます。どこのホテルを借りようかと キョロキョロしながらホテルを
探すと その近くにホテルの看板を見つけました。
入口の近くに行くと なんだか 心が嫌な気持ちになりました。

---ここで ないほうがいいのかなぁ---
もう暗くなる ここに聞いてみよう・・。そう思い駐車場に 車を停めようとしていたら
娘から 携帯にかかってきました。
「ママー飯田先生ね、ホテルは嫌なんだって。」
「えーーなんでーー」  「ホテルは騒がしいからって、それにねー犬を連れて行くって言っちょるよ。」

「どうやって 飯田先生に聞いたと?」
「飯田先生からねー心の電話に かかってきたとよ。」

ここまでだけでも めちゃくちゃな話だと 思いませんか?

飯田先生の事など まったく知らない娘たちが その名を語り
ホテルを取りに行く事など 娘たちにはまったく話していないのに 
「ホテルは 嫌だと言っている・・」と 娘。

不思議だなんだと言っている間がありません。

ーーえい うちに 泊まってもらおう。ーー   そう決心し 何が必要か 考えました。
ーー2階の部屋を一部屋空けよう。ーー

するとまた娘から 携帯に電話。 「ママ1週間くらいいるって。ご飯は 毎日カレーでいいんだって」
「なんで カレー?」 「好きらしいよ」
ーーなんて 我がままな 人なんだろうーー

1週間と聞いて これは大変と思いました。 一泊ならともかく 1週間となると・・・。
まずは 電気屋さんへ行き テレビを買いました。7万いくらしたのを 覚えています。
そして布団を一組買いました。
娘に携帯から電話をかけ 部屋を片付けておくように言いました。

そして飯田先生の本を紹介してくださった 娘たちの学習教室の K先生に電話し
「明日 飯田先生が来る。K先生も 来られませんか?」と誘いの電話をしました。

この一連の出来事が 私だけが 起こしたことであるならば 私は完全に 思考がおかしくなっている
人です。しかし 娘たちも 同時に不思議の世界の中にいて 私とちゃんと からんでいる。

そして この次の日宮崎空港へ 娘3人と私と K先生の5人 飯田先生に会いに行くこととなるのでした。





Posted by 愛 みーこ at 22:58│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。