2013年06月30日

人生創造について

「思いが 人生を創る」  思いという 手ではつかめない 目では見えない世界にも 本当は
つかめる何かが 存在しているのです。
思いは 何もない状態から 確実に何かが生まれている。
何かが生まれるということは 何かがそこに 存在するという事。

それはこの世的には エネルギーと呼ばれています。 そのエネルギーは すでに 視覚的・聴覚的
・・様々この世的に捉えられる存在となっているものも多いです。

しかし現在 まだ思いというエネルギーは この世的五感でとらえるのに 明確かつ的確なデータとして
外側の世界に現れていません。

しかしそこには しっかりとした 物理学上の エネルギーが存在し エネルギーによって
思いが具現化する・・だから 思いそのものが投影されるのだと 最近では言われています。

思いには エネルギー形態があり それが 自分の内面から放出され 自分以外のものの内面へと
流れ 再び相手から放出されたエネルギーが 自己内へと 流れこんできます。
それがエネルギーの 交流です。この世に存在するすべてのものは この永遠に流れが止まる事
のない 動きの中に存在し つねに巡るエネルギーの中で 形と言うものを存在させているのです。
  

つまり この世に存在する 「物」と言うもの(肉体を含む)は すべて「思い」から生まれたエネルギーにより 
形というものが 与えられている。  私が 魂の世界から教わった事は 今私達が存在していると思っている
世界は 「思い」という世界から投影された エネルギーの世界で 形があるという「思い」が
存在というものを 頭の中で成立させているのです。

地球は青く丸い。日本という国や 他の名前がついた国が いくつもある。
それは そう言った 情報を 本当に存在すると思いこんでいる 自分という「思いメーカー」が
様々な存在を創りだしているのです。

ですから 真実に存在し もっとも重要なのは 体ではなく 「心という 思いメーカー」なのです。

あなたが今現実と思っている世界は 真実からすると 「夢」なのです。

その夢は なんのための ものなのか・・・・。

それはあなたの「心」という 真実の そして 最も重要なものを
「洗練・拡大・成長」させるためのものなのです。

人生は変えることができる というのは 「心という思いメーカー」を 変えれば
当然投影されている世界を変えることができるのです。

しかしそう言うと すべてが 思いの通りにならない・・と言われるでしょう。
その通りです。

私達の意思という 「思い」から 人生は作りだされていますが ある「流れ」というものが
存在するのです。
それは 「魂の意思」というものです。

私達は体という 自分の拠点 思いの出発点で 「思い」という エネルギーを放出し
人生を投影し 五感で捉えられるものを 形造っていますが 
その「私の意思」と言うものを 先導し 誘導している思いがあるのです。

それが「魂の意思」です。

自分が思っていることが すべてこの世と言う世界に投影されるだけであったなら
どんなに楽でいいだろう・・・と思いますよね。すべてが 思い通りです。
しかし 皆さん 感じているはずです。
人生は思い通りに行く事と 行かない事がある。

「良い行いをすると 良い事が返ってくる」 「悪い行いをすると 悪い事が返ってくる」

よく昔から そう言われます。
思いや 行動と同じ事が 人生で現れてくる。
その発せられた思いから そのままが返ってくるなら 良い思いなら 楽しみに結果を待てばよいのでしょうが
もし悪い思いなら 大変な苦労をすることになりますね。

しかし 人間の思いからは 常に良い思い 悪い思い が止めどもなく 流れ出ていて 人生を
創っていることを認識する間もなく 思考は持続的に行われ その数は一日で6万回に及ぶと
言われています。

それでは どのようにして人生が創られていくのか。

それはとめどもなく行われている思考を 笹船と例えるなら
それを流していく大きな川が「魂の意思」なのです。

「魂の意思は ある方向に笹船を運んで行きます。」

人生創造において 私たちが知っておかなければならない
最も重要な ポイントが その流れにあるのです。
以後それを お話していきます。





Posted by 愛 みーこ at 08:24│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。